日産リーフはやはり厳しい

マンション

3年14万キロでバッテリーが壊れたとのこと。

たしかに走らせ過ぎではあります。14万キロならガソリン車でもつぶれる車もあるとおもわれます。

このリーフは急速充電を利用しすぎたことが原因と話しています。リーフは空冷の冷却システムなので停車中は冷却できないそうです。テスラなどは水冷システムなので急速充電で発熱したとしてもしっかり冷やしてくれます。

こうなるとますます自宅充電できる人しか電気自動車なんて買えませんよねぇ。テスラみたいに各地に充電スタンドがあって外出先で急速充電を利用できる人は限られてますし、マンション民にはまだ厳しいのか・・・

逆に言うと14万キロは急速充電を利用しても走れたという証明でもありますが・・・

海外では100万キロ走ったという人もいますので差は圧倒的ですね

ちなみに14万キロ走っていると、エンジンオイル交換を5000キロずつ行って1回4000円とするとそれだけで11.2万円の費用が発生しているはずで、それはタダです。

ガソリン車の燃費が20km/l、ガソリンが1L160円なら1kmあたり8円です。

電気自動車は昼間の急速充電で1kmあたり4円くらいとのこと14万キロなら56万円の差がうまれます。

故障がなければ70万円くらい浮いたわけで、結構得している印象です。私も自宅充電が可能なら電気自動車を買おうかなぁ・・・ただしリーフではなくTESLAです

コメント

タイトルとURLをコピーしました