検査キットを市販しない理由

医療

コロナ検査キットは研究用のよくわからないものならネットでも入手できるようになりました。店頭ではちゃんとしたものも入手できます。

インフルエンザとの同時流行に備えて、コロナとインフル同時検査キットも普及してきています。

しかしインフルエンザ単独の検査キットは市販されないのです。

これは医師会の利権と言われても仕方ないですね。

確かに、インフルエンザの検査は鼻腔の奥深くまで綿棒を差し込み検査しなければなりません。素人がやれば偽陰性を大量発生させるでしょう。

医師会としては陰性と勘違いした人が世の中を出回ることでより感染を広めてしまう、というのが理由のようですが、現在の検査できる病院がない状況のほうが、世の中に感染者が放たれてしまうと思います。

そもそもちゃんと検査が行われたとしても偽陰性はでるものです。クリニックに来たとしても偽陰性となり、外を出歩く人はいるでしょう。数がへるのはそうだと思いますが、そのために検査キットを市販しない理由もわかりません。

強いて言うなら「陽性のふりをしたい人」が陽性の結果を誰かからもらってズル休みをするくらいしか考えられません。

他国でも市販はされており、このような問題は起こっているのかもしれませんが、やはりそれも検査キットを市販しない理由とは思えないですのよね。

医師会の権力がいつまで持つかは疑問です。今後、医療費の増加で

タイトルとURLをコピーしました