緊急整復固定加算で4万円もらえるけど・・・

 

大腿骨近位部骨折に対する48時間以内の手術加算(緊急整復固定加算、緊急挿入加算)ですが、算定要件として、日本脆弱性骨折ネットワークに入会して症例を登録しないといけないようです。

このネットワークに参加する費用として年間5万円がかかります。

ffn.or.jp

 

この加算が4000点で加えて二次性骨折予防で1000点加算が可能なので1例登録すれば元が取れる計算でもあります。

そもそも加算のために年間60件以上必要ですが、新たな利権の匂いしかしませんね

 

NPO法人なのにお金を徴収してそれでどうするのでしょうか。

利益をださないようにいろんなことにお金を使って遊ぼうという魂胆に見えます。

 

そもそも私は高齢者によってたかって48時間以内に手術をうけさせ、もともと悪い予後を少しでも良くすることに疑問を感じています。このために何人の若い医療従事者が残業することになり残業代が発生するのでしょうか。

とても4万円ではもとが取れるとは思えません。

 

大抵の病気は早期に治療したほうがいいわけで、それならがんが見つかって手術のために1ヶ月待機なんてありえないと思うのですがどうして骨折だけ特別扱いになったのかも疑問です(もちろん折れたままだと痛いから早いほうがいいのですが)

 

私の意見としては頚部骨折に手術は必要だけど1週間以内で予定手術の空き枠などを利用してやるくらいでいいと思います。48時間以内に治療を望むな自費でお願いします。その場合、4万円でやってくれるところなんてないでしょうが。

タイトルとURLをコピーしました