ミネラルウォーターも危険!

世の中

ミネラルウォーターからPFAS検出 水道水の暫定目標値超える濃度

神戸市内の企業が製造したミネラルウォーターから、健康への影響が懸念されている有機フッ素化合物のPFAS(ピーファス)が検出されていたことが5日わかった。食品衛生法上の基準はないが、水道法の暫定目標値(1リットルあたり50ナノグラム)の最大約6倍に相当する濃度。市の要請を受けて企業側が対応し、現在は目標値以下に収まっているという。

 兵庫県明石市議会の辻本達也議員(共産)が神戸市に情報公開請求し、公開された資料を元に朝日新聞が市に取材した。市は企業名や商品名を明らかにしていない。

 市によると、2022年12月、このミネラルウォーターから水道水の暫定目標値を上回るPFASが検出されたと厚生労働省から情報提供があった。市が23年1月と6月、複数ある原水の地下水を検査したところ、1リットルあたり94~310ナノグラムのPFASが検出され、商品のペットボトルからは100ナノグラム程度が検出された。市は、事業者に対応を要請。11月には、12月20日までに目標値以下へ低減させることと、低減できない場合は販売を停止するよう要請した。企業側はPFASを除去する活性炭フィルターを設置し、市は昨年12月の検査で目標値以下になっているのを確認したという。

 PFASを巡っては、水道法で水質の管理目標として暫定目標値が定められているが、規制ではない。さらにミネラルウォーターに関係する食品衛生法上の基準もない。

https://www.asahi.com/articles/ASS753FGGS75PIHB015M.html

最近話題になっているPFAS フッ素化合物のいろいろなものみたいですがあまり良くない様子。

わが町も危険地域に指定されています。じゃあ水を買えばいいじゃん!とおもったらそれも危険と・・・なんなら基準なんてなかったのでいままでとんでもない量を接種していた可能性もあります。

家についている浄水器のフィルターを使えば8割除去は可能です。

環境や人体への有害な影響も懸念されるPFAS 浄水カートリッジのPFOSおよびPFOA(PFASの一種)除去試験結果のお知らせ
近年、自然界には存在しないはずの化学物質、有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が全国各地で相次いで検出され、発がん性や子どもの発育への影響など、人体への有害性が懸念されています。

環境や人体への有害な影響も懸念されるPFAS 浄水カートリッジのPFOSおよびPFOA(PFASの一種)除去試験結果のお知らせ

寿命まで使った後でも8割除去はなかなか安心。というかこの浄水カートリッジすごいですね。

楽天やアマゾンでも売っていますが正規品かわからないのは使いたくないです。これは仕方なく純正を買いましょう。。。