緑茶もコーヒーも利尿作用はありません

生活

どこのメーカーも風評被害?に苦しんでいるようですね。緑茶には利尿作用がある、コーヒー(カフェイン)には利尿作用がある、なんてだれが言い出したのでしょうか。おそらく大量に飲めばそれなりにあるのでしょうが、その量を飲むためには液体として多量のお茶かコーヒーを接種しないといけないので結局尿としてでているように感じる、というところから勘違いでそう言われているのではないでしょうか。

カフェインには利尿作用があるといわれていますが、カフェインを400mgとっても利尿作用はないというデータが出ています。このカフェイン量、お茶に換算すると、約2リットルです。お茶でカフェインを摂取することによる利尿作用の心配はほとんどないと考えられます。お茶を飲むと脱水になる、と皆さんよく誤解されているのですが、脱水状態の時にお茶を飲んでも、利尿作用で排出することはありません。お茶を飲んで尿をした体験のある方もいると思いますが、水分補給をした際、体液の濃さが一定より薄くなった場合、身体は余分な水分を排泄するしくみになっています。これは、水でもお茶でも一緒で、カフェインは関係ありません。水が足りれば、自然に排出されます。また、食事の時にお茶など飲みやすい飲料を摂る習慣をつけることで脱水症状を防ぐことができます

https://itoen-forum.com/archive_01/discussion.html

こちらは伊藤園のサイトから。

https://www.nestle.co.jp/sites/g/files/pydnoa331/files/asset-library/documents/nhw/interview7.pdf

こちらはネスレのサイトからコーヒー飲んだほうが脱水予防になるくらいなので飲めということです。

どちらも利尿作用はほぼないに等しいです。水を大量に飲むだけでも利尿作用があるわけで、それをみていただけなんでしょうね。気にせず飲みまくるぞ