研修医

医療

研修医の1日

研修医って普段なにしてるの?とおもわれる看護師さんとか技師さん、結構いると思います。 まず大前提として、研修医は数カ月ごとにいろいろな科をローテートしていきます。 3年目以降の先生とくらべると外来はな...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 15 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け改訂版

症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け改訂版    鎮痛薬、下痢止め、胃薬、睡眠薬などの分類と種類ごとの使い分けを書いている本 なんとなく使ってる薬はこういう機序で、こういう症例には適さない、などが...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 12 UCSFに学ぶ できる内科医への近道

UCSFに学ぶ できる内科医への近道 鑑別診断や検査について細かく書かれている 処方例や検査値のカットラインについても書いてあり困ったときに開くと答えがあるかもという本。 暗記することは不可能。 病棟...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 7 日本語版 サンフォード感染症治療ガイド2015(第45版

日本語版 サンフォード感染症治療ガイド2015(第45版   言わずと知れた感染症のスタンダード治療の本 この感染症ならこの抗菌薬をこの量で、ということが延々と書かれている。 しかし買う必要は全く無い...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 5 内科レジデントの鉄則 第2版: 聖路加国際病院内科チーフレジデント

  内科レジデントの鉄則 第2版   病棟で出会う疾患についての考え方、初期対応を学べる本。   病棟の患者さんが呼吸困難を訴えていますと看護師さんから報告があってまず考えること、することは何か。とか...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 4  レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室

レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室   呼吸器内科を目指さないひとも研修医レベルでも読める呼吸器の教科書です。 人工呼吸器の設定項目や喘息やCOPDなど一般的な呼吸器診療に役立ちます。 コラム的な...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 3 研修医当直御法度

研修医当直御法度   言わずと知れた「赤本」 例えば胸痛を主訴にきた患者さんに何を思い浮かべて対応していくか、腹痛、発熱、背部痛など鑑別診断をメインに書いてある。筆者が経験したおもわず忘れがちな疾患の...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 2 やさしくわかる!麻酔科研修

やさしくわかる!麻酔科研修   麻酔科を回るときに読んでいくといい読み物。 知識はそんなにてにはいらないけどその周辺知識がふえてたのしくなる。 マイケルジャクソンの死について考察してみたり過去の麻酔と...
医学書

研修医 おすすめの本 レビュー 1 類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

類似薬の使い分け 改訂版〜症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる   例えば降圧薬にしてもカルシウム拮抗薬やらARBやらいろいろあって最近は合剤もあります。 そういう薬の成分名と商品名を一緒に書いて...
タイトルとURLをコピーしました