マンションのインターネット速度が遅い原因が判明!

マンション

当マンションのインターネットは100Mbpsと聞かされていました。しかしスイッチングハブを通さず直接Wi-Fiルーターにつなぐとそれ以上のスピードを出せたので報告します。

問題のスイッチングハブ

ここにつながっているLANケーブルはWAN側もLAN側もCat5e つまり1Gbps対応のものです。これがスイッチングハブの100Mbpsに繋げられ頭打ちになっていました。

マンションですので玄関近くにこのハブがあり、そこから各部屋の壁にLANケーブルをつなぐ部分がありつながっています。我が家ではすべて無線で運用しているので有線LANの差込口は不要です。

ためしにハブを介さずに直接ルーターをつなぐとなんと400Mbpsのスピードが!!しかしこの位置にWi-Fiルーターを置くと部屋の隅までは電波が届きません。

スイッチングハブを上位機種に交換でも良かったのですが、3000円くらいします。我が家では全部屋に分配する必要もないしなぁ・・・・と悩んでいたところ、こちらを発見

これで中継させて真ん中の部屋一つだけに届けます。そこから無線を飛ばすという作戦です。

これで安定して400Mbpsのスピードを得ることができました。

スイッチングも電源を切ってよいので節電になります。最大でも1.9Wの消費電力ですが・・・

各戸100Mbpsを上限に使っているところ、自分だけそれ以上のスピードを出していいのか。それで回線がより混雑しないのかはちと不安ですが知っている人も少ないのでこっそり使っておきます。

**注意点**

この方法はすべての人に使えるわけではありません。

まず大前提としてすべてを無線で運用していることです。一台でも有線で繋げなければいけないものがあるなら、できないことはないですがややこしいです。我が家はAlexaやエアコンやテレビなどもすべてWi-Fi接続です。

次にスピードが上がるのかはマンションのインターネット契約にもよります。我が家は1Gbpsを何本か中央に引いて各戸に分配という方式でなおかつそこから各戸までの線がCat5eで接続されていたのでこの方法で速度上昇しました。中央から各戸までがcat5などのケーブルならこれは不可能になります(相当古くないとこれはないと思いますが)

あと10年20年もすれば10Gbpsどころか100Gbpsの通信も可能になると思われますが、その際の更新はどうなるのでしょうか。どこかの途上国みたいに物理的に線を這わすのが面倒なのですべて無線になる。それこそ6G 7Gの技術がこのための技術ということになるのでしょうか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました